■ 作品のコンセプト

豊かな瓶原の土地に自生する架空の金色植物をイメージしました。それらは親水公園の小川に多く生息します。
金属製で柔軟性を持ったオブジェは、時折吹き抜ける風よって揺らぎます。この揺らぎは川の流れとともに共鳴し、そこへ光が当たると双方からキラキラと反射光が生まれます。金属と金属が触れ合うことにより微かな音色を発し、瓶原の夜の静寂に変化をもたらします。

■ この場所に展示しての感想

設置日は幸い良い天候に恵まれ、暖かい日差しの中で大変気持ちよく作業することができました。作品は狙い通り、時折吹く風に揺らぎ、日差しを受けてキラキラと反射し、金属同士の微かに触れ合う音も軽やかで気持ちの良いものでした。
ただ一つ思わぬ収穫は、この小川が発する水の音、その優しい音にハッとした事でした。せせらぎを聞くのは実に久しぶりで、作業中の私の心を穏やかに整え、清々しい気持ちにさせてくれました。

■ 特別配信の視聴者に向けたメッセージ

京都府下の緊急事態宣言下で作品が一般公開できず、非常に残念な思いです。この作品は、千本近い植物状の金属オブジェの風による動きと光の反射、触れ合う音、それに加え小川のせせらぎで成立します。
この動画で少しでもこの地、瓶原を吹き抜ける風を感じてくれることを願っております


出展作家プロフィール

◆ 長谷川 政弘 Masahiro Hasegawa ◆

1961 香川県丸亀市に生まれる
1984 大阪芸術大学 工芸学科金属工芸専攻卒業
1986 金沢美術工芸大学 大学院彫刻専攻修了
現在  大阪芸術大学工芸学科教授

【個展】
   番画廊(大阪市)ギャラリーマロニエ、祇園小西(京都市)
   三越百貨店(日本橋本店)(高松)(池袋)小西(祇園)などで26回開催

【主なコンクール・展覧会など】

2003 第14回ラベンナダンテスコ国際ビエンナーレ(イタリア/ラベンナ) 
   Expo Culture Japan Quebec 招待(カナダ/サン・ソーバー)
2004 Emmar 国際アートシンポジウム招待 現地制作(アラブ首長国連邦/ドバイ)
2005 Luleå Summer ビエンナーレ招待 現地制作(スウェーデン/ルレオー)
2006 国際彫刻ビエンナーレChaco Argentina招待 現地制作(アルゼンチン/レジステンシア)
2008 voice two men 二人展(韓国/ソウル)
2010 アブダビ国際彫刻シンポジウム招待 現地制作(アラブ首長国連邦/アブダビ)
2011 木津川アート2011、2012、2014、2016招待作家(京都府/木津川市)
2018 「陶 金 漆」 素材と表現3人展(伊丹工芸センター/伊丹市)

【受賞】
1991 第2回風の芸術展ビエンナーレまくらざ 佳作賞
1993 アートビエンナーレ京都‘93 優秀賞
1997 第5回風の芸術展ビエンナーレまくらざき 準大賞
1998 朝来2001野外彫刻展in多々良木‘98 佳作賞
    ‘98日向現代彫刻展 市民大賞
1999 第31回京都野外彫刻 京都府買い上げ賞
2000 第1回印旛村野外芸術展inいには野 佳作賞
2001 朝来2001野外彫刻展in多々良木2001 町民賞
2006 国際彫刻ビエンナーレChaco Argentina 3位入賞 彫刻家賞
2014 第19回ハルビン国際雪像コンペティション 3位入賞
2016 第16回なよろ国際雪像彫刻大会 2位入賞

【パブリックコレクション】
   京都キタオオジタウン(京都市)
   株式会社こんどう本社ビル(福井県大飯町)
   枕崎市資料センター南瞑館(鹿児島県枕崎市)
   日向市文化交流センター(宮崎県日向市)
   株式会社フクセン本社ビル(福井県小浜市)
   京都府立医科大学基礎医学学舎(京都市)
   あさご芸術の森美術館(兵庫県朝来町)
   Emmar Corporation(アラブ首長国連邦/ドバイ)
   淡路夢舞台 奇跡の星植物館(兵庫県東浦町)
   Sculpture park Kronan(スウェーデン/ルレオー)
   Music Park(アルゼンチン/レジステンシア)
   在アルゼンチン日本大使館(アルゼンチン/ブエノスアイレス)
   枕崎アートストリート(鹿児島県枕崎市)
   関西福祉科学大学 高等学校(大阪府柏原市)
   アブダビ市街(アラブ首長国連邦)
   BenQ Corporation(台湾)
   木津川市高去地区(京都府木津川市)
   大阪府立大学先端バイオ棟(大阪府堺市)
   高鍋町屋本店(宮崎県高鍋町)
   アスピア山城(京都府木津川市)
   レ・ジェイド南茨木(大阪府茨木市)